イメージ画像

ニキビを作る習慣とは?

ニキビは日々のケアや食生活、ホルモンバランス、ストレスなどの様々な原因が絡み合って発生します。 日々お肌に蓄積されていくダメージは、すぐでは無いにしろ近い将来に何らかの肌トラブルとして現れるのです。

そのダメージは日常生活に置ける習慣によって与えられるものも少なくはありません。 どのような習慣が肌を痛めつけているのかを理解し避ける事で、ニキビの発生・悪化を食い止めましょう。

ニキビを発生させやすくする生活習慣とは一体どのようなものがあるのでしょうか? そもそもニキビは皮脂やヨゴレが毛穴につまり炎症をおこした状態を指します。

この事からニキビ予防において余分な皮脂を除去するという事は重要なポイントではあるのです。 しかし、ある程度の皮脂は素肌に必要なものでもあり、必要な皮脂まで奪われた素肌は さらに盛んに皮脂を分泌させるよう働き始めます。

ニキビにお悩みの方の中には“肌のテカリ”を気にする方も多く、 油取り紙を日常的に使用している方もいらっしゃるかと思います。 ですが、油取り紙はこの“必要な皮脂”まで取り除いてしまいますので、 結果的に更なる皮脂の分泌を促している事になるのです。

過剰に分泌された皮脂はテカリの原因となりニキビの発生・悪化にも繋がります。 どうしても肌のテカリが気になる際には、油取り紙よりもソフトなティッシュで押さえるようにしてみて下さい。

また、ニキビは触れられるなどの刺激で悪化したり発生したりします。 ニキビをきにして触る癖のあるかたはすぐ直しましょう。 洗顔や汗などで顔を拭くときも、ゴシゴシと擦らず押し当てる様に水分を拭き取って下さい。

ニキビを髪の毛で覆い隠すのも悪化を促す原因となります。 髪の毛が触れた場所は刺激され、また髪の毛のヨゴレが付着します。

出来てしまったニキビを覆い隠してしまいたい気持ちは分かりますが、 髪の毛が触れている以上、更なるニキビの発生や悪化を招いている事実を知っておいて下さい。 出来るだけ髪の毛が肌に触れないヘアスタイルを続け、刺激やヨゴレから素肌を守りましょう。

このページの先頭へ