イメージ画像

間違ったニキビケア(洗顔)

「いくら熱心にスキンケアを行っても、ニキビが減らない・・・」とお悩みではありませんか? 実は、自己流でスキンケアを行うほとんどの方は間違ったケアを行っていると言われています。

ニキビの多い・少ないには元々の個人差があるでしょうが、多くの方は 日頃行っているスキンケアの方法を見直すだけでニキビを改善できるのです。

ニキビケアでは、まずは洗顔が重要です。 ニキビの原因となる余分な皮脂・ヨゴレを除去し新たなニキビの発生や悪化を防ぐためですね。 ですが、この洗顔が最初の落とし穴でもあります。 自己流のスキンケアを行う方の中にはここから間違っているケースが少なくありません。

そもそも、どんな洗顔料を使用しているのかを見直しましょう。 何となく肌に良さそうな“弱酸性”の洗顔料を使っていませんか? 意外に思われるでしょうが、お肌に優しいと言われている弱酸性の洗顔料は 皮脂やヨゴレを十分に洗い落とす事が出来ないためニキビケアには不向きだと言われています。

またスクラブ入りの洗顔料でニキビをこすりつける様に洗う事も避けましょう。 洗顔料を十分に泡立て、素肌やニキビを刺激しないように丁寧に洗う事が重要です。

また、入浴時に洗顔をする際はその順序も重要です。 ご自身の順番を思い出してみて下さい。バスルームに入ったら、まずは顔から洗っていませんか? せっかく清潔に洗い上げても、そのあとにシャンプーやリンスをしていないでしょうか。

シャンプーやリンスの洗い流しが、肌へ残りニキビの原因となる事もあるのです。 入浴時は、洗顔を最期に行うように直してみて下さい。 また、すすぎにも手を抜かないようにして下さい。 ぬるま湯を使い20回ほどすすいで、洗顔料が素肌に残らないよう心がけましょう。 冷水や暖かすぎるお湯でのすすぎも効果的とは言えません。

洗顔の方法を少し意識するだけで、ニキビケアの効果は十分期待できるはずです。 毎日行う事だからこそ、正しいニキビケアを身につけて健やかで美しいお肌を目指しましょう!

このページの先頭へ