イメージ画像

ニキビ跡を消したい!

ニキビは無くなったけど、ニキビ跡として肌に残ってしまう事がありますね。 ニキビの症状には段階があり、その段階が進めば進むほど跡として残りやすくなってしまいます。 ですので、そもそもニキビの悪化を防ぐ事がニキビ跡の防止に繋がります。

ニキビの悪化を防ぐ事はつまり、ニキビの発生を防ぐ事にもなりますので 日頃のニキビケアを継続する事でニキビ・ニキビ跡の改善を進めることが出来るのです。 とは言っても、全てのニキビを悪化させる事無く完治させる事は難しいですよね。

気をつけていても跡になってしまった・・・という経験をお持ちの方も少なくないでしょう。 また日頃のケアが行き届かず、結果ニキビの跡を作ってしまうパターンも珍しくはありません。 出来てしまったニキビ跡を消す事はできるのでしょうか?

まず、シミの様に跡となっているニキビ跡は肌の細胞にまでダメージが残っている状態です。 そのダメージは肌の代謝とともに肌表面へ押し出され、次第に完治していきます。 つまりどうしても時間のかかるケアとなるでしょう。

「この方法・商品でスグに良くなる!」といった事はありません。 根気よくケアを行う事で、次第に効果を得られるという点ではダイエットと似たところがありますね。

ニキビ跡を消すケアとして気をつけたいポイントは、まず洗顔で素肌のヨゴレを除去し 十分な保湿を行う事です。ニキビ跡の改善には肌表面だけでなく内側の乾燥も食い止める必要があります。保湿性の高い化粧水を使い、毎日ケアを行って下さい。

また、毎日のメイクの際ニキビ跡を厚塗りで隠していませんか? コンシーラーなどの重ね付けによって肌はダメージを受けてしまいます。 メイクによってニキビ跡を一時的に消す事は出来ても、根本的な解決にはなりません。 出来るだけナチュラルメイクを心がけ、肌の負担を減らしましょう。

肌への負担はメイクだけではありません。 拭き取るタイプのメイク落としや洗顔時のゴシゴシ洗いも肌を痛めつけてしまうのです。 毎日のケアでニキビはもちろんニキビ跡も改善させましょう。

このページの先頭へ