イメージ画像

更年期の女性にできるニキビについて

「ニキビ」といえば、思春期にあたる10代のイメージが強いですね。 大人になって出来るニキビは「吹き出物」と名前まで変わり(といっても、同じものではありますが) 年齢を重ねるごとに縁遠くなっていくような印象があるのではないでしょうか?

ところが、40、50代を越え更年期を迎えると、再びニキビが発生しやすくなってしまう事があるのです。 こんな「更年期ニキビ」は、いったいどのように発生するのでしょうか?

更年期ニキビには、やはりホルモンの影響が大きいと言われているようです。 これまで安定して生成されてきた女性ホルモンが、更年期を迎え減少していくのと同時に 女性の体内にも存在する男性ホルモンが優位に立ってきます。

男性ホルモンには皮脂の分泌を促す作用があり、過剰に分泌される 皮脂やヨゴレが毛穴に詰まった結果ニキビとして現れてしまうというわけです。

それに加え皮膚を保護する役割を担っていたセラミドやヒアルロン酸も加齢とともに減少していきます。 年齢を重ねた素肌は乾燥がちで、保護機能がダウンしている状態なのです。

「ニキビ=若さ」、「ニキビ=脂性(オイリー肌)」といったイメージですが、 大人の肌にも起こりうるトラブルなのですね。 加齢に伴うホルモンバランスによる影響が大きい更年期ニキビですので、 日頃のスキンケアやライフスタイルの見直しなどで完治はしないでしょう。

根本的な原因を自分で改善させることができないニキビですので、 うまくつきあう方法を理解しておく事が重要です。 そもそもニキビは、毛穴に皮脂ヨゴレが詰まり炎症を起こしてしまった状態です。

まずはニキビのもととなる皮脂やヨゴレを肌に残さない事がポイントとなってくるでしょう。 こまめな洗顔で素肌を清潔に保ち、十分な保湿を毎日続けて下さい。 また、ビタミンC・Aを意識的に摂取し、素肌の代謝を促しましょう。

出来てしまったニキビを悪化させない様に心がける事で、ニキビの出来にくい素肌を作り また後々ニキビ跡が残らない様にケアする事が出来るのです。

このページの先頭へ